アマチュア指揮者兼ベーシスト「こんば~す♪」の想うところ、ココにあり。


by こんば~す♪

プロフィールを見る
画像一覧

こんば~す♪の音楽館

こんば~す♪の演奏会情報・履歴を集めたブログ(別館)です↓
http://blog.goo.ne.jp/conbass_m
(2009.1.12 Open)

<その他ブックマーク>
EGK公式ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/egk-blog/
(2009.9.11 Open)

EGKのFacebookページはこちら↓
www.facebook.com/EGK.since1999

カテゴリ

全体
演奏会情報・履歴
EGK
音楽
早稲フィル
ひとりごと
家造り
family
食べ歩き
旅行
コンバース

ブログパーツ

NO FX NO LIFE

以前の記事

2014年 10月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2006年 10月
2005年 10月
2004年 10月
2003年 10月
2002年 10月
2001年 10月

フォロー中のブログ

フミ読む月日
HAPPY☆LIFE

最新のトラックバック

第2回Tutti
from EGK
早稲フィル 2009春合..
from こんば〜す♪の音楽館
EGK第11回演奏会
from こんば〜す♪の音楽館
ニューイヤー祝祭管絃楽団..
from こんば〜す♪の音楽館
我が家の10大ニュース
from こんば~す♪のひとりごと
2008、我が家の十大ニ..
from フミ読む月日

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

画像一覧

<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

のみ。

土曜は早稲フィル指揮者Tutti。

ゲネプロを除くと最後のTuttiということもあり、
全曲の通し練。

しかも、通し練のみ。で終了。

あれ?もう終わっちゃうの?
ようやく楽器が鳴り始めたとこだったのにー
という感じで体力的にも精神的にも物足りなかったですが、
部屋も狭く、金管の音が右耳直撃で耳が潰れそうだったので、
まあいいか。

前半のエルガーはきれいに整ってきたと思いますが、
一部の人だけでなく、全員の音楽の方向性がもっと明確に、
そして同じ方向に統一されると、
細かい部分も含めて音楽が豊かにホールに響く気がします。

特にVn.で、人による温度差が激しいのが気になります。

一部の人が頑張るのではなく、パートで音創りができるといいんですが。

惜しいけど、気持ちが一つにまとまれば改善の余地あり、かな。

スメタナは、例えば木管の致命的な箇所とかはよくなったと思いますが、
まだ弾きながら「上手くいくかな~」と心配になってしまうのがちょっと負担。

オケは共同作業なので、信頼関係が重要なんだなと再認識。

…してる場合でもないのですが、
まああれだけの大作になると少々の粗は仕方ないので、
指揮者にうまく乗せられて全体の流れを創れれば
お客さまに喜んでもらえる音楽はできるかな~と思います。

いずれにしろ本番は目の前なので、
最低限体調は整えて、
今ある力は全て出せる体制は各自で準備しておかないと。

…と言ってる自分が、変な頭痛が続いてたりするのですが…。
[PR]
by conbass | 2010-05-31 23:44 | 早稲フィル

見学

火曜日は当日急に思い立って
早稲フィルの弦練を見学してきました。

気がつけば今シーズン最後のメイン弦練。
早いものです。

普段のベースの位置ではなく、中央後方とかでも聞いてみたのですが、
あらまあ、意外とぐちゃぐちゃなんですね。(笑)

ベースの位置からは、それほどではないと思っていたのですが。。

でも今から技術的に急成長することは残念ながら難しいので、
残りのTuttiで海老原さんの音楽、および優先的に復習すべき個所を確認し、
来週のパート練で優先順位の高い個所から一つずつ潰していく
というあたりが現実的でしょうか。

ゲネプロ・ステリハ含めて、最後に集中してある指揮者Tuttiで
何かをつかんで一気に本番へ持っていくというのはフィルの得意とするところですし、
それだけの練習を半年間重ねてきたという自信を持って
本番に向けて臨んでほしいと思います。
[PR]
by conbass | 2010-05-30 00:47 | 早稲フィル

指揮者とベーシスト

日曜日の夜はEMQ弦練。

マエストロの到着が少し遅れるとのことで、
それまでの間、場つなぎでシューマンを代指揮させていただきました。

GWの指揮講習会で習った基礎に
自分なりの音楽表現を加えて振ったつもりですが、
まあ反省点もいろいろあったり、
どこまで私の音楽表現が理解されたか…。

いや~、今さらながら指揮の難しさを痛感してます。
ホント、今さらですが…。(汗)

指揮も楽器同様、日々の練習が重要ですね。

練習というのは、棒を振る練習だけでなく、
スコアを読み解くことも含めて。

そしてやはり指揮は楽器と違って、
実践の機会がなかなか無いというのが難しいですね。

どこかで下振りとかさせてもらえないかな~?

実践の場がもっと欲しいです、ホントに。。


とりあえずは日々是勉強です、ハイ。


マエストロ到着後は、
何事もなかったかの如く、一介のベース弾きに転身。

やっぱりベース弾いてる方が楽だな。(笑)

でも、こうして指揮者とベーシストの二足のわらじを履いていると、
指揮者並にスコアを理解した上で楽器を弾くことの重要性が非常によく分かる一方、
アマオケでそれが出来ている奏者が一体どれだけいるのか!?という現実、
そして限られた練習時間の中で、指揮者としてアナリーゼを奏者に伝えることの難しさを痛感してしまいます。。

でも、これらの問題を解決する何か画期的な方法が絶対ある気がするんですけどね。

ってここ数年言い続けながらも未だに見つけられていないのですが。。
[PR]
by conbass | 2010-05-27 18:35 | 音楽

音楽と人の繋がり

土曜日はトラの慈恵医大オケの本番でした。

演奏面はまあいろいろありましたが、
その他でもいろいろ文化の違いを感じた演奏会でした。

まずは指揮者の
「このオケは音楽よりも人の繋がりを大切にするオケ」
という発言。

ステリハ後とレセプションで2回同じ発言をしていて、
1回目は意味がよく理解できず、
「これから演奏会だというのに、音楽より人の繋がりの方が大切とはどういう意味だろう??」
と、本番前に一人で混乱していたのですが、
2回聞いてようやく理解できたような気がしました。

要は、みなさん医療という同じ業界に就職されるので、
企業内オケの学生版というか、
社会人がゴルフを始めて人との繋がりを広げるのと同じというか、
音楽が目的ではなくツールなんだなと解釈しました。
(違ってたらすみません…。)

そう考えると、昔「医オケ」という医大オケ合同の演奏会イベントが毎年盛大に行われると聞いたことがあるのですが、
その意義も今になって理解できた気がしました。

2つ目は、OBOGらしきお客さまがたくさん来場していたこと。

これも前述の「人の繋がり」に通じるのだと思いますが、
OBOGとの繋がりが希薄な早稲フィルとは非常に対照的で、
羨ましく思います。

最後は、
演奏会直後にホール隣接会場で1時間くらいレセプション(立食パーティー)をしてから、
大学近くの居酒屋へ移動して盛大に打ち上げる(んだと思います。こちらには不参加だったので分かりませんが。。)
というシステム。

レセプションには大学の偉い方たちや観客として来場したOBOGも数多く参加していて、
ここでも慈恵医大オケの人の繋がりの強さを感じましたし、
私のようなトラでも気軽に参加できるいいシステムだと思いました。


私としては目的はあくまで
「いい音楽をすること」
「音を楽しむこと」
であり、
「いい音楽をするために、人の繋がりは大切」
という考えなので上記の考え方とは根本が異なるのですが、
上記のように現役、OBOG、大学関係者、指揮者が一貫した考え方を持っているということはオケとしての強みであり、
来年第100回の演奏会を迎えるオケのしっかりとした軸・伝統となっているように思いました。

第100回記念演奏会の盛会をお祈りいたします。


早稲フィルの第100回記念演奏会は20年後か…。
[PR]
by conbass | 2010-05-26 12:45 | 音楽

急遽

火曜日。

さすがにステリハ本番だけでは不安もあったので、
当日になって急遽楽器と弓を用意してもらい、
仕事後に、土曜(明日だ!)本番のトラの練習に西新橋の慈恵医大へ。

ラフ2の冒頭には間に合いませんでしたが、
ほぼ全曲一通り弾くことができ、一安心。

その場で急遽、中プロのカルメンが降り番になるというサプライズもありましたが、、
まあ諸々本番はなんとかなりそうです。

5弦ベースは私一人らしいので、
ラフ2の例の箇所や、その他も下げられる所は下げて、
本番はブリブリ弾いて来ようかと思います。

あ、一応トラですから、目立ち過ぎないように、ね。(笑)
[PR]
by conbass | 2010-05-21 12:42 | 音楽

通し練

日曜は早稲フィルの指揮者Tutti。

まず通してから返すという練習でしたが、
やはり通し練は集中力が高まって楽しいですね。

その通し練の中で何を感じ、指揮者からの指示をいかに理解するかが
本番での「対応力」に直結すると思います。

本番中は指揮者は声で指示できませんからね。

逆に指揮者の立場で考えると、
いかに自分の考えを棒を含めた体全体で表現・指示できるかが
重要ってことですよね。

日々、勉強です。。

私の指揮者としての理想は、
ひたすら通し練だけをして、口頭での指示はしないこと。

まあ、そこまで言うと極論ですが、
そう言えるくらい、棒と体で音楽を表現・指示できるようになれれば…
と思います。

指揮者とオケ双方が、そういう音楽を楽しむ姿勢で本番に臨めれば、
本番の緊張感との相互作用でとても面白い演奏ができるはず!

と分かっていつつも、その理想に近づけずに
指揮者としてもベーシストとしてももがき、試行錯誤する日々です。。
[PR]
by conbass | 2010-05-19 00:33 | 早稲フィル

美しいモノ

土曜日。

午前は某小学校の学校説明会へ初参加。

内容についてはいろいろ思うところがありましたが、
会場に入って最初に流れてた曲が
EMQでやってるモーツァルト交響曲第40番第2楽章だったのが印象的でした。

説明会を途中で抜けて、急ぎ午後のEMQ練へ。

会場に着くと、
マエストロが途中で帰るため、
その後の練習を私が振るという話に。

急遽だったため、
スコアはマエストロからの借り物、
指揮棒はたまたまベースのケースに入れっぱなしだったものでボロボロ、
準備ゼロ状態で、
おまけにマエストロ練習の後でモチベーションが微妙…と、
かなり難しい状況を経験させていただきました。(笑)

代指揮のお話をいただけることはたいへんありがたいのですが、
せめて、前日でも前々日でもいいので、
一報をいただけましたら…、マエストロ…。

その後は、来週本番のトラの、
最初で最後の練習参加。。

結局、曲の半分は当日のぶっつけ本番となってしまいました。

こんなことは音楽的にはあってはならないことですが、
「それでもいい」というお話だったので…。

しかし、やっぱりラフ2はいい曲ですね。

ラフ2は私の代の早稲フィルの卒演で演奏した曲でしたが、
久々に弾いても当時のことが走馬灯のように思い出され、
またそれを誘導するが如く美しい3楽章のメロディー。

やっぱり美しいモノには心が満たされますね。

移動と用事の繰り返しで一日潰れてしまいましたが、
最後に美しいモノで癒された一日でした。
[PR]
by conbass | 2010-05-18 05:53 | 音楽

家族デー

日曜日は家族デーでした。

朝はイチゴとチェリーズの4人で幼稚園の教会礼拝へ。

イチゴはここ2年間、殆ど休むことなく日曜礼拝に参加してましたが、
私は専らチェリーズと留守番だったので、実は今回が初参加。

席がほぼ埋まってて、
結構たくさん来てるんだな~と思いました。

その後、妻&ポニョと合流して、
全員揃って神宮外苑のアスレチック公園へ。

途中のコンビニで昼食を購入し、
公園のベンチで食べました。

なんかピクニック気分♪

ひとしきり遊んだ後は、
同じく神宮外苑で自転車を借りてサイクリング。

子どもたちのヘルメットレンタルに100円ずつかかっただけで
自転車のレンタルは何とタダ!

何かと3人分お金がかかる我が家にとっては嬉しい事です。

ポニョは乗せられないので妻か私がポニョと一緒に荷物番でしたが、
交代しながら子どもたちと周回コースを何周も走りました。

チェリーズは補助輪付きでしたが、まだスムーズには走れず、
速く走りたいイチゴがちょっと欲求不満そうだったので、
何回かはチェリーズも休憩してイチゴとだけで回ると、
何と一周が早いこと。

みんなたくさん走って満足そうでした。

その後はバッティングセンターに行って、
イチゴもバッティングに挑戦。

70km/hの球に何度かバットを当ててました!

卓球ゲームは2人用でしたが、
チェリーズも一緒に参加してピンポン球と戯れてました。

あっという間に夕方になってしまったので、
そのまま家の近くの牛角に寄ってみんなで夕食。

たくさん遊んで、たくさん食べて、
夜はぐっすりお休みな子どもたちでした。
[PR]
by conbass | 2010-05-14 08:27 | family

いいもんですね。

今日、定時で帰路につくと、
家に着いた時もまだ明るかったです。

家に着いたら、玄関先で遊んでいた子供たちが出迎えてくれました。

そのまま少し一緒に遊んだ後、
子供たちにとっては少し遅めの夕食でしたが、
家族全員で食卓を囲みました。

その後、一緒にお風呂に入って、
子供たちは寝床につきました。


こんな生活も、いいもんですね。
[PR]
by conbass | 2010-05-13 02:58 | family

落下!

土曜は早稲フィルの指揮者Tuttiでした。

ホール練ということで雛壇も設置しての練習でしたが、
ベース雛壇の幅(前後)が狭く、ベースの置き場に苦慮…。

なんとか椅子に立て掛けられたと思ったら、
その椅子ごと雛壇からズレ落ちて、
何と!ベースがゴロゴロと舞台上に転がり落ちてしまいました!

低い位置からの落下だったので
幸いベースは大事に至らなかったのですが、
ベースを転がしてしまうなんて
20年以上ベースを弾く中で初めての失態…。

今後気をつけます。。


演奏の方は…

海老原さんがわざわざベース方面へ出向いて発した一言、
「こっちを見て。指示を出したら反応して。」
に全てが集約されてる気がしました。

私も指揮者として、
演奏中にアイコンタクトしようとしても目が合わなかった時の「空振り感」、
分かります。。

当然もう譜読みの段階ではないですし、
まして合宿直後ですし、本番まで1ヶ月切ってるわけですから、
練習不足なんてことはないですよね!?

音楽的に創り込んでいくこの大事な時期ですから、
ベースに限らず、常に指揮者方向にアンテナを伸ばして
こっちを見たらすぐ反応できるようにしておくのは、
オケの基本中の基本なんですが。。

「そんなの知らなかった」
「そういう練習はしてない」
と言われてしまえばそれまでですが、
オケの基本なんて、いちいち説明するに及ばず、
トップや先輩の背中を見て盗みとるものではないのですか!?

基本を一から十まで説明するのは簡単ですが、
そんな基本すら自律して会得できないようであれば、
音楽、アンサンブルなど到底できません。

オケの基本を指揮者から指摘されるなんて
「レベルの低いオケ」という烙印を押されるようなもので、
オケとしての恥ですよ。。


後半は指揮者なしのエルガーの弦セレ。

降り番なので初めて練習を見ましたが、
やっぱいい曲ですね~♪(←曲かよ)

特に2楽章。
美しく、そして切ない。。
心奪われる曲です。(←曲かよ)

いや、でも、ちょっと音楽がこじんまりではあるものの、
期待のできる演奏をしてたと思います。

細かい所はいろいろありましたが、
全体的に各パート、各小節によってテンポ感が異なる部分があるのが
一番気になりました。

指揮者がいない分、
自分たちでテンポを創り、共有し、キープし、
そして必要な場所では自分たちでテンポを動かさなければいけないのですが、
そのコンセンサスが得られていないように見受けられました。

もちろん、メトロノーム通りが正解ではありませんが、
不必要なテンポの揺れ、滑りは違和感を感じます。


まあ、いずれもいろいろありますが、
これからの奮起に期待大ということで。
[PR]
by conbass | 2010-05-12 18:19 | 早稲フィル