アマチュア指揮者兼ベーシスト「こんば~す♪」の想うところ、ココにあり。


by こんば~す♪

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

こんば~す♪の音楽館

こんば~す♪の演奏会情報・履歴を集めたブログ(別館)です↓
http://blog.goo.ne.jp/conbass_m
(2009.1.12 Open)

<その他ブックマーク>
EGK公式ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/egk-blog/
(2009.9.11 Open)

EGKのFacebookページはこちら↓
www.facebook.com/EGK.since1999

カテゴリ

全体
演奏会情報・履歴
EGK
音楽
早稲フィル
ひとりごと
家造り
family
食べ歩き
旅行
コンバース

ブログパーツ

NO FX NO LIFE

以前の記事

2014年 10月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2006年 10月
2005年 10月
2004年 10月
2003年 10月
2002年 10月
2001年 10月

フォロー中のブログ

フミ読む月日
HAPPY☆LIFE

最新のトラックバック

第2回Tutti
from EGK
早稲フィル 2009春合..
from こんば〜す♪の音楽館
EGK第11回演奏会
from こんば〜す♪の音楽館
ニューイヤー祝祭管絃楽団..
from こんば〜す♪の音楽館
我が家の10大ニュース
from こんば~す♪のひとりごと
2008、我が家の十大ニ..
from フミ読む月日

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:早稲フィル( 146 )

早稲フィル春合宿2012雑感

先週末は早稲フィルの春合宿に参加してきました。

代も変わって初めての合宿…どころか初めての練習参加だったので、
どんな雰囲気かな~と、期待と不安が交錯しながら練習に参加しましたが、
とても自然に入ることができました。

やはり雰囲気がいい中で音楽をするのは気持ちいいですね。

ちょこっとだけ弦練で棒も振りましたが、シーズン序盤にも関わらず
「棒について行く」という意思が垣間見られたのはいい傾向だと思います。

あとは、細かいことを挙げだしたらキリがないので二つだけ。

シーズン序盤から中盤にさしかかるこの時期においては、
各人の「テンポ感」に固執せず、もっとみんなで「テンポ感」を共有する、
すなわちアンサンブルに注力してほしいということです。

まあ平たく言うと「周りを聞く」とか「縦の線を合わせる」ということになるのでしょうが、
もっと感覚的というか、意識の部分において「テンポ感」を共有してほしいと思います。

まずはオケ内部で「テンポ感」を共有して、
その次にどんな指導者の練習でも、その場で即座に棒とオケの「テンポ感」を合致させる。

そうすることでようやく本当の「音楽創り」のステップに入れるんじゃないかと思います。

もう一つは「トレーナーなどに指摘された以外の部分は自分たちで音楽を創る」
という意気込みで、決して受け身一辺倒になることなく、
積極的に音楽創りをしてもらえればと思いました。

まあまた弦練を振ったりと、音楽創りをお手伝いできる機会があるといいですね。


卒演の方も、毎年この時期恒例のググッとギアの入った熱い練習で、
一気にヒートアップしてきましたね。(指揮者が。笑)

深夜の練習でしたし、グォーッと通すと妙に「やったったでー!」感が強いですが、
冷静に考えるといろいろ崩落個所は存在していますね。

でもそこで「じゃあ、本番は冷静になって…」とならないところが
卒演の良いところでもあり、悪いところでもある、毎年。

まあ筋が違うというご指摘もあろうかと思いますが、
「卒団生の、卒団生による、卒団生のための演奏会」ですから、
卒演ばかりは卒団生の高揚を優先させてあげていいんじゃないかと
個人的には思っています。

卒演まであと18日。
卒団生が最後に完全燃焼して、
心地よい高揚感の中で一緒に音楽ができることを楽しみにしています。
[PR]
by conbass | 2012-03-02 22:40 | 早稲フィル

混迷

日曜は卒演練。

久しぶりにタコ5を弾いた気がする。

最近、どの団体の練習でも自分の中で
「集中できて、楽しかった練習」と
「集中できず、とても疲れた練習」
とに二極化してきているのだが、
昨日の練習は非常に集中できて楽しかった。

まあ、練習内容がどうだったかよりも
自分の体調や睡眠時間、精神状態などに起因している気もするが。


一方で練習内容としては随分混迷状態だった印象が強い。

いろいろと。。

卒演練ではこの時期に陥りやすい現象な気もするが、
そういう意味ではとても疲れる練習だった。

まあ理由はいろいろあるだろうし、
卒演に対するモチベーションも個々まちまちだとは思うけど、
合奏である以上、「弾けてない」「吹けてない」のは
周りに多大なストレスと脱力感を与えることは認識してほしいものである。

そんな人も散見されるため、
必然的に棒とのコンタクトも上手くいかず、
混迷状態の一因となっていたのだろう。


文句ばっかり言っても仕方ないので、自分の反省点を挙げるならば、
随分雑な音を出してしまったこと。

まあまだこの時期なのでいろいろ試してみたかったのもあるし、
他にもいろいろ原因は分かっているので、
次回以降はもう少し気をつけたい。


いずれにせよ、この混迷状態は暫く…いや、本番直前まで続きそうな気配もします。

33期生が3年生の時に見せてくれた
「自分たちで音楽を創っていく姿」
をもう少しもう一度見せてくれるといいんじゃないかな。
(あれは印象深かったですよ)

もう一つの解決策は、ごく一般的な「コンミスを中心とした音楽創り」で、
コンミスにもっとグイグイ引っ張ってもらって、
一つの音を創っていくとか。

私も含めて(←戒め)個々がもっと精進し、
いい卒演」をもって33期生をOBOGに向かい入れる(送り出す)ことができたら、と思います。

みなさん、一緒に頑張りましょう。
[PR]
by conbass | 2012-01-23 21:21 | 早稲フィル

早稲フィル第65回定演終了

日曜日。

早稲フィル第65回定演が終了しました。

ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

出演者のみなさま、関係者のみなさま、本当にお疲れさまでした。

2回の合宿と指揮者Tuttiしか練習には参加できませんでしたが、
この半年間、現役生たちが必死に「オールフランスプログラム」と
戦っている姿をを垣間見、いろんな話を聞いてきました。

その集大成として臨んだ演奏会は、素晴らしいものになったと思います。

おめでとう。


まあ、少し残念だったのは、ラ・ヴァルスの最後で勢いに乗り過ぎて
崩壊しかけたことでしょうか。(笑)

いい意味でも悪い意味でも若さの象徴みたいな音楽になってしまいましたが、
まあ総合的に考えても、なるべくしてなったというか、
必然的完結で、めでたし。
ということにしておきましょう。

ただ、私は団の内側から見てしまっているので、
お客さま的にどう映ったかは分かりませんが。。


あと、毎回開場時にロビーで様子を見ているのですが、
少しずつですが、来場するOBOGが増えてきているのかな、と
感じています。

特に、卒団して4年目以上、
つまりは自分の現役時代に一緒にいた後輩も全て卒団してしまった後も
早稲フィルの定演に足を運ぶ人が増えているんじゃないかなと思います。

OBオケでOBと現役の繋がりができるということもあるでしょうし、
現役が毎回招待ハガキを送ったり、名簿の住所を確認したり、
早稲フィルOB会「深川会」としても毎回定演の案内メールを送ったり、
という地道な活動がさらに多くのOBOGを定演に呼び込めたらと思っています。

ことあるごとに言っていますが、私の理想は
「現役の定演に当たり前のように多くのOBOGが見に来て、
OBオケの演奏会に当たり前のように多くの現役生が見に行き、
現役とOBOGが音楽的に刺激し合う関係」
です。

少しずつでも、その理想に近づいていけたらと思います。

その観点からも、今後も現役の活動を支援できたらと思います。


…と言っているうちに、現役はもう次の定演に向かって動き出しています。

また次回の定演も素晴らしいものになるよう、願っています。
[PR]
by conbass | 2011-12-14 14:32 | 早稲フィル

集中

昨日、金曜日はフレックスで会社を早めにあがり、
早稲フィルの指揮者Tuttiに行ってきました。

初のソリスト合わせということで、楽しみにしていたのですが…。

ソロはもちろん素晴らしく、一介のアマオケとの共演、
そのただの合わせ練習にもかかわらず情熱を込めた演奏をしていただき、
その姿勢、そして湧き上がる音楽に、音楽人として感銘を受けました。

ただ、オケが。。

もちろん、初合わせなのでソロとずれたりするのは仕方ないと思いますが、
「ソロに合わせよう」という気迫が感じられなかったのが残念でした。

「あ、ずれちゃったねー、初合わせだから仕方ないかー」みたいな雰囲気。

集中力の問題ですかね?
ソリストとの初合わせも、半年間の長いシーズンのうちの1回の練習に過ぎないとか!?

とんでもない!
本当に数少ないソリストとの合わせは、本番同様の緊張感と集中力で臨むべきでは!?
もったいない。

同じずれてしまったとしても、
「ソロに合わせようとソリストの弓を見てたけど、ずれちゃった」
のと
「いつもの練習通り弾いてたらずれちゃった」
のは天と地の差。

テンポが変わりそうな箇所は、オケの全員がソリストの弓を凝視するくらいの意識で
臨んでほしかったです。

あと、降り番の人たちがたくさん練習を見ていたのはよかったと思うのですが、
なんか後ろでちょこちょこ動いたり、部屋を出入りするのは、
演奏者の集中の妨げになるので、やめましょう。

練習見たいなら、開始前に来て、休憩までじっとして見る。
練習の途中で会場に着いたなら、残念だけど外で待つ。
途中で用事がありそうなら、途中で出るのではなく、最初から外で待つ。

そういう相手の立場に立って考えるという思いやりは、
人間としてだけでなく、演奏にも繋がると思うんですよね。

本番まであと15日。
1回1回の練習を集中して行い、是非いい演奏会にしましょう!
[PR]
by conbass | 2011-11-26 10:21 | 早稲フィル

思考停止!?

日曜夜は早稲フィル指揮者Tuttiへ。

初めての指揮者Tuttiの曲が主の練習でしたが、
なんともまずい状態な気がしました。

まずは、メロディーなどの主要パートが全然歌になってない。

合わせるので精一杯って感じ。

もう4ヵ月も練習してるのに。

個人練はともかく、
合奏練習で今まで何を練習し、
何を会得したのでしょうか。

「合奏練習もしました」みたいな自己満足感が
いかにも早稲フィルっぽい。

オケはソリストの伴奏かもしれませんが、
出るべき箇所はもっとキラキラしたメロディーが聞きたかったなー。


もっとマズいのは、伴奏・裏方パート。

「とりあえず楽譜にある音を鳴らしてみました。以上。」
みたいな感じで、思考停止状態。

「こういう音を出したい!」
という意思が感じられない音は、
伴奏といえどもジワジワと音楽を殺してしまいます。

さらう気にもならない簡単な箇所であればなおさら、
一つ一つの音の持つ意味や全体における役割を考えることに時間を費やしてはいかがでしょうか。

そして各人の一つ一つの音に対するアイディアを持ち寄って、
「あ、そっちの方がいいね!」
と調整して音楽を創っていくのが
パート練であり、合奏練習だったりすると思うんですよ。

誰かに言われたことを修正するだけというのはそもそも音楽創りじゃないですし、
自分で、そして自分たちであーだこーだ考え、意見交換しながら一つ一つの音を創っていった方が
何倍も楽しい音楽創りができますよ!

高名な指揮者をお招きして、そのご指導についていくことももちろん素晴らしいことですが、
そのご指導を仰ぐ前にやっておくべきことがもっともっとあるんじゃないかなーと思いました。
[PR]
by conbass | 2011-11-08 12:44 | 早稲フィル

卒演練習初参加

土曜日は卒演Tuttiに初参加。

卒演って当たり前だけど毎年の4年生によって雰囲気が大きく異なりますが、
今回はなんかOBとして参加しててもとても楽しい感じ。

まあ練習した曲がドヴォルザークの謝肉祭ってこともあったんでしょうが。

なんかうまく表現できないんですが、
「練習に来ていただいて、ありがとうございます!」
的な雰囲気だと、こっちも
「よし、じゃあ頑張るか!」
と気分も乗ってくるというか。。単純ですね。(笑)

さすがに毎回
「練習に来ていただいて、ありがとうございます!」
って挨拶されちゃうと返答に困ってしまいますが、
卒演はOBのみならず3年生以下の現役も当然「お手伝い」ですから、
そういう雰囲気って大事なのかな、と。

久しぶりにフィル系Tuttiでトップサイドで弾いて、
全体の眺めがよかったのも楽しかったし。

やっぱりベースで、しかも後ろの方で弾いてると
指揮者は遠いし、他のベースが前にいて見晴らしも良くないし、
オケからちょっと疎外感を感じたりもするんですよね。

少し脱線してしまいましたが、
「できることがあったら、何かお手伝いしてあげたい」
と思わせてくれる卒演Tuttiでした。
何かあったら、気軽にご相談くださいね。

今後の練習も楽しみです。
[PR]
by conbass | 2011-10-30 19:02 | 早稲フィル

夏合宿

先週末は早稲フィルの夏合宿に参加してきました。

現役のみなさんは昨日までの長丁場だったんですよね、
お疲れさまでした。

先週末に参加していたのが随分昔の出来事のように思えます。

今回の定演はオールフランス物ということで、
早稲フィル全体がまだ戸惑いの中、練習を進めていたという印象でした。

かくいう私もオールフランスというのは初めてでして、
若干戸惑っていましたが。。
(私個人的にも、どういうアドバイスをしたらいいか的にも)

練習に参加してて思ったのは、
今回は「セクションでまず音楽を創る」というよりも、
Tuttiで全体のイメージを早めにつかんだ方がいいのかな、ということ。

まだシーズン序盤ですので、
可能であれば今のうちにTuttiを多くこなして
個々人の曲に対するイメージを明確に持てるようにすることを
お勧めします。

その上で、細かいところはセクション練やパート練で
詰めていけばいいのでは。

普段私が推奨する「パート練→セクション練→Tutti」という
積み上げ方式とはまさに逆のやり方になりますが。

ご一考下さい。


しかし、今年の高天ヶ原は、全国的に猛暑だった昨年よりも
暑かったような気が。。

特にTutti部屋は蒸し暑かった。

そういえば、昨年はTutti部屋のベースの後ろあたりで
扇風機が回っていたような気もしますね。

あれだけ蒸し暑いと弦楽器は鳴らないし、
楽器にも悪い気がします。

来年は宿に何か対策をお願いしてみてはいかがでしょうか。


というわけで、みなさま、お疲れさまでした。

冬定まで「まだ」あと3ヵ月ある…と思っているうちに
あっという間に本番を迎えてしまいますので(ですよね?>4年生以上の方々)、
1回1回の練習を大切に、目的を持って取り組むことを
強くお勧めします。

とりとめのない内容ですが、この辺で。
[PR]
by conbass | 2011-09-02 00:43 | 早稲フィル

早稲フィル第64回定演終了

日曜、早稲フィル第64回定演が無事終了しました。

たくさんのお客さまにご来場いただき、
気持ち良く演奏できました。
ご来場ありがとうございました。

そして出演した現役のみなさん、お疲れさまでした。

現役のみなさんが5ヶ月かけて積み重ねた努力が実った演奏会、
という印象でした。

まあ本番の演奏もいろいろありましたが、
お客さまの記憶に残る演奏会になったのでは、と思います。

次は3年生の集大成となる冬定ですから、
春定の反省を活かして
運営面など変えるべきところはどんどん変えていってほしいと思います。

音楽面も、春定を通じて、
どう創っていけばいいかという感覚を掴んだと思いますので、
さらなる積極的な取り組みに期待します。

休む間もなく早稲フィルの活動は続きますが、
幹事やトップなどの役職者だけでなく、
団員一人一人が春定の反省と冬定に向けた展望をじっくり考え、
大局的なイメージを持って日々の活動に「頭を使って」自ら創りだしていくことに期待します。
[PR]
by conbass | 2011-05-23 20:47 | 早稲フィル

強化合宿

5/3~5は早稲フィルの強化合宿へ行ってきました。

昨年は指揮者講習会に参加していたため、強化合宿は2年ぶりでしたが、
やっぱりGWの新潟は遠いです。

往路は7時間もかかり、到着時には既に疲れが。。

GWだけに、もうちょっと近場でできるといいんですけどね。


肝心の練習の方は、本番までもう2週間あまりということもあって、
内容的にも充実したものになったと思います。

ただ、毎回この時期になると特に弦楽器で
弾けてる人と弾けてない人の差が広がってしまうため、
練習の合間とかに弾けてない人のサポートをしてあげて、
全体的なレベルアップをする工夫も必要かなと思っています。

ここで言う「弾けてない」というのは、「物理的に弾けてない」だけでなく、
「音楽的な演奏になってない」ことも含めてます。

音楽的な演奏をするためには、
やはり頭の中でどれだけ曲のイメージを持てるかが重要なので、
自分でいろいろイメージできるようになるまでは
野暮ったいですが「演奏する前に何か必ずイメージする訓練」も
今の早稲フィルには必要なのかなと思っています。


実は私、次に早稲フィルの練習に出られるのが本番前日ということに
合宿から帰還後に気づき、少々びびっております。

みなさんの邪魔にならないよう、頑張ります。。


あと、最終コンパでは結構いろんな人から
「あれ?コンバースやらないの?」という主旨の質問を受けました。

それなりに楽しみにしていただいてたことをうれしく思うと同時に、
そのご期待に応えられず、申し訳ございませんでした。

毎年コンバースをやってる弦合宿春合宿と違って
強化合宿は定演直前ということもあり、
特に現役を交えてのコンバースは控えた方がいいかな、とか、
たまには最終コンパのスタートから気楽に飲みたいな、とか、
いろいろ考えているうちに、何も準備せずに合宿を迎えてしまったという感じです。

コンバースがあるだけで、事前準備も合宿中もいろいろバタバタしてしまうので、
おかげさまで珍しく合宿前も合宿中ものんびり過ごさせていただきました。

この先、コンバースは8月に弦合宿とEMQで、
そして10月にはEGKでやりますので、乞うご期待!ということで。
[PR]
by conbass | 2011-05-07 02:49 | 早稲フィル

急遽、代指揮

土曜は早稲フィルTuttiでトレーナー到着までの1時間弱、
代指揮をしました。

といっても、トレーナーから直接オファーがあったのは前日の夜。

やる箇所も含めて
「君の音楽性に任せる」
とのことでしたので、
まずは一通りスコアを見直して場所の選択。

それからスコアにいろいろ書き込みを始めて、
仕込み時間はトータル3時間ちょっと。

1時間弱の代指揮の仕込みで3時間はやや非効率かもしれませんが、
自分としてはもう少しじっくり仕込んでから振りたかったな、と思います。

実際の指揮っぷりは…どうだったんですかね?

こればっかりは受け手側が判断することですから。。

まあ、自分なりの反省点は山ほどあるのですが…。(苦笑)


普段は一緒に弾いてるオケを実際に振った印象としては、
もう演奏会まであと1ヶ月なのでよくさらえてはいるのですが、
やはり音のイメージがまだまだ希薄な感じ。

練習の冒頭にも言いましたが、
やはり「指示待ち」的な印象。

せっかく長い時間かけて曲に取り組めるわけですから、
もっと一つ一つの音符の意味、イメージを明確に持って、
自ら積極的にそのイメージを表現しましょうよ。

ただ譜面の音を並べて“再現”するだけよりも
もっともっと楽しいですよ!絶対に。

やってるつもりなんだけどな…というのであれば、
ホール2階席の最後列までその表現を伝えるべく、
もっと大胆に!

そうした一人一人の意思のある音を指揮者に交通整理してもらえば、
ものすごく大きな音楽の“うねり”になって
ホールの客席全体を音楽が駆け抜けていくんですよね。

抽象的な言い回しですが、
早稲フィルにはそうした客席を巻き込んだ演奏で
お客さまの心を揺さ振ってほしいなと思います。


今まで定演曲の弦練や新練、音教、卒演、EGK以外のOBオケなどはちょこちょこ振らせてもらってましたが、
早稲フィルの定演曲のTuttiを振らせてもらったのは
実は今回が初めてでした。
(えびちゃんに数小節だけ振らせてもらったことはありましたが…笑)

ほんのちょっとの代指揮でしたが、
早稲フィルの音楽をいつもとは違った角度から感じることもでき、
とても楽しい一時でした♪

また機会があれば是非共演したいですね!
[PR]
by conbass | 2011-04-26 12:04 | 早稲フィル