アマチュア指揮者兼ベーシスト「こんば~す♪」の想うところ、ココにあり。


by こんば~す♪

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

こんば~す♪の音楽館

こんば~す♪の演奏会情報・履歴を集めたブログ(別館)です↓
http://blog.goo.ne.jp/conbass_m
(2009.1.12 Open)

<その他ブックマーク>
EGK公式ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/egk-blog/
(2009.9.11 Open)

EGKのFacebookページはこちら↓
www.facebook.com/EGK.since1999

カテゴリ

全体
演奏会情報・履歴
EGK
音楽
早稲フィル
ひとりごと
家造り
family
食べ歩き
旅行
コンバース

ブログパーツ

NO FX NO LIFE

以前の記事

2014年 10月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2006年 10月
2005年 10月
2004年 10月
2003年 10月
2002年 10月
2001年 10月

フォロー中のブログ

フミ読む月日
HAPPY☆LIFE

最新のトラックバック

第2回Tutti
from EGK
早稲フィル 2009春合..
from こんば〜す♪の音楽館
EGK第11回演奏会
from こんば〜す♪の音楽館
ニューイヤー祝祭管絃楽団..
from こんば〜す♪の音楽館
我が家の10大ニュース
from こんば~す♪のひとりごと
2008、我が家の十大ニ..
from フミ読む月日

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:早稲フィル( 146 )

「指摘」と「フレーズ」

昨日は早稲フィルのヴェルディ・プーランクTutti(S矢さん)に参加してきました。
感想は、主に2点。

弦楽器は一昨日の弦練より参加人数が随分増えていたとはいえ、
弦練で私が指摘したことと同じことをS矢さんにも随分指摘されてましたね。

同じ指摘を繰り返し受けるということは、単に時間の無駄であり、
その分、より音楽的に高度な指摘を受ける機会を逸していることに他なりません。

S矢さんも言っていましたが、指摘されたことは全て譜面に書くこと。
書き込みが多すぎて譜面がごちゃごちゃになってしまったら、
本番用にもう1冊パート譜を作って整理し直すくらいのことは必要でしょう。

特に、前回指揮者Tuttiで指摘を受けたことを、
次回指揮者Tuttiで再び指摘されることのないよう、
対策を講じておいて下さい。

もう一つは、プーランクで、フレーズが短くブツブツ切れてしまったり、
セクション内でフレーズの方向性がバラバラである部分が、
特に木管楽器で気になりました。

もっと曲に対するイメージを個々人が強く持つようにすると同時に、
セクションでイメージを統一する作業を行うこと。
あと、本番の大ホール全体に音を響かせることを
普段の練習から意識すると良いかな~と思います。

でした!
[PR]
by conbass | 2008-04-06 22:55 | 早稲フィル

曲順

昨日はフィルの弦練振りました。
ヴェルディとプーランク。

やっぱりこの2曲の組み合わせは、難しい。
本番もそうだけど、ヴェルディの後にプーランクという曲順が、より難易度をあげてる気がする。
ヴェルディでガチャガチャ弾いちゃうと、そのままの勢いで、プーランクもガチャガチャ弾いちゃう懸念が。。

2曲の間で気持ちを切り替える訓練を、練習の時から一人一人が心がけてみてはいかがでしょうか?
(今日のTuttiも、その曲順かな?)
[PR]
by conbass | 2008-04-05 14:07 | 早稲フィル

プロ指揮者Tutti

昨日はフィルの指揮者Tuttiでした。
よく考えたら、私にとって久しぶりのプロ指揮者Tutti。
やっぱりプロ指揮者だと練習に集中できて、
オケ全体としても音楽を効率的に吸収できたと思います。

このように、自らの求心力で集中する雰囲気を作ることも
指揮者の腕なんでしょうね。
「指揮者見習い」の私にとって、
プロ指揮者Tuttiはホントに勉強になります。
修行、修行。。

一方、フィル全体としては。。
特にプーランクが、音が重いというか、モターっとしているというか、
プーランクの音のイメージができていないことが丸出し状態でしたね。

指回りは練習すればできるようになるけど、
イメージは感覚的な部分であり、
つかめてるか、つかめてないかが一目瞭然ではないので、
指導する側としても難しい部分。

一般的に言われてる「その作曲家の別の曲を聴く」というのも、
イメージをつかむ上では効果的ですね。
「ルイザミラー」なんか、「いわゆるヴェルディ!」の和音進行が
随所に見られるため、参考になります。
プーランクも、あの独特な「ぶつかる和音」「メロディユニゾン」など、
ほかの曲からも参考になる部分は多いと思います。

あと、イメージをつかむ上で重要な作業は、
やはり「一つ一つの音のオケの中での意味・役割をじっくり考える」
ことでしょう。
地道ですが、やはりこれが一番。
スコア片手にCD聞いて、自分のパートの一つ一つの音が
オケの縦の線の中で、および横の流れの中でどういう役割を果たしているのか?
その役割を果たすには、どういう音色・表現を使えばいいのか?

って書くと、いかにも難しい作業のように思えますが、
コツさえつかめば、そんなに苦しい作業じゃないはずです。
逆に、世界が広がって、音楽がより面白くなりますよ!

でも、どう始めたらいいのか分からない??
という方は、気軽に相談して下さい。
個別にお教えしますよ。

というわけで、本番まで気付けばもうあと2ヶ月弱。
新歓やフィル以外にもいっぱいやることあると思いますが、
音楽のイメージをつかむ努力も是非忘れずに。
[PR]
by conbass | 2008-03-23 13:24 | 早稲フィル

卒演

お疲れさまでした!

毎年、この時期は卒団生に元気をもらって、そして一緒に寂しくなる季節。。

今回は特に、前半に練習振ってたので、思い入れもあったし。

でもまぁこれで同じ「早稲フィルOBOG」ですからね。
むしろ「ようこそ!」って感じですかね!

今晩は4年間の思いを込めて、おもいっきり打ち上げましょう!

ホントに楽しい演奏会でした。
卒団おめでとう!
そして、ありがとう。。
[PR]
by conbass | 2008-03-16 17:15 | 早稲フィル

改めて

早稲フィル合宿に参加されたみなさま、お疲れさまでした。

私も久々にたくさん楽器を弾き、
音楽の楽しさにも触れることができ、
精神的に少しリフレッシュした気がしました。

合宿で感じたこと。
まだまだ音が雑ですね。
特にベートーベンの弦楽器は、
一人一人が一つ一つの音を丁寧に発音しないと、
ただの騒がしい音楽になってしまいます。

運命の4楽章は、一見、運動会的なノリに思えますが、
そこを重厚、荘厳、格式高い音楽にしなければ、
ベートーベンではなくなってしまうところが難しいのです。

あと、合宿でみなさん個人練に励んでいましたが、
「ただひたすらさらってる」ように見えて、
少しもったいない気がしました。

合宿はせっかくまとまった時間さらえる環境にあるわけですから、
逆にじっくり時間をかけて、しっかり問題意識をもって、
頭も使いながら丁寧にさらうということを習慣付けると、
時間の限られた個人練にも応用できると思います。

あと、疑問に思ったことは、どんどん先生やいろんな先輩に聞くことも重要です。
一つの質問に対する回答も十人十色だと思いますが、
ちょっとしたヒントが解決のきっかけになることもよくありますから。

「学生は時間がたくさんある」とはいえ、
その学生でいられるのはもうあと後数年だけ。
今のうちから「賢く」「効率的に」さらう術を取得すれば、
ますます上達も速くなりますよ。
みなさん、是非頑張って下さい。

内輪的な内容ですみません。
今日はこの辺で。
[PR]
by conbass | 2008-03-13 01:51 | 早稲フィル

段取り

練習には段取りが重要。

いくら音楽が素晴らしいくても、段取りが悪ければ、ストレスがたまるだけ。
そして、そんな練習にはその後も行きたくなくなる。
悪循環。。

段取りにもいろいろあるけど、お手伝いで練習行ったはいいけどトップが来るのか来ないのかも誰も把握してないとか、その場で配布されるべきパート譜を誰も用意してないとか、言語道断。
他にもいろいろありすぎて、ホント疲れました。

ホントに「乗ってほしい」と思ってるのかね?
そうなら、適切な段取りは必要じゃないですか?
ホントに「いい音楽がやりたい」と思って音楽をやってるのかね?
それにも段取りは必要だし、何より音楽への貪欲さが伝わってこなけりゃ、手伝う気も起きない。

主役の学生はお祭り気分で楽しければいいかもしれないが、こちらはいろいろ犠牲にして1回1回の練習にも参加してるわけだし、もっと音楽的に充実した練習がしたいと切に願う。
素晴らしい本番・素敵な音楽になるように、お手伝いしたい。
それだけ。
[PR]
by conbass | 2008-02-03 16:04 | 早稲フィル