アマチュア指揮者兼ベーシスト「こんば~す♪」の想うところ、ココにあり。


by こんば~す♪

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こんば~す♪の音楽館

こんば~す♪の演奏会情報・履歴を集めたブログ(別館)です↓
http://blog.goo.ne.jp/conbass_m
(2009.1.12 Open)

<その他ブックマーク>
EGK公式ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/egk-blog/
(2009.9.11 Open)

EGKのFacebookページはこちら↓
www.facebook.com/EGK.since1999

カテゴリ

全体
演奏会情報・履歴
EGK
音楽
早稲フィル
ひとりごと
家造り
family
食べ歩き
旅行
コンバース

ブログパーツ

NO FX NO LIFE

以前の記事

2014年 10月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2006年 10月
2005年 10月
2004年 10月
2003年 10月
2002年 10月
2001年 10月

フォロー中のブログ

フミ読む月日
HAPPY☆LIFE

最新のトラックバック

第2回Tutti
from EGK
早稲フィル 2009春合..
from こんば〜す♪の音楽館
EGK第11回演奏会
from こんば〜す♪の音楽館
ニューイヤー祝祭管絃楽団..
from こんば〜す♪の音楽館
我が家の10大ニュース
from こんば~す♪のひとりごと
2008、我が家の十大ニ..
from フミ読む月日

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
日々の出来事

画像一覧

今週末は早稲フィル卒演

今週末は早稲フィル卒演本番

本番ホールが東北太平洋沖地震の影響で使用不可となるトラブルに見舞われたものの、
何とか代替会場を見つけて開催できる見通し。
(詳しくはこちら

こんな時に演奏会、、
というご意見もあろうかと思いますが、
4年生にとっては卒団記念の最後の演奏会であり、
4月以降では集まることがほぼ不可能なメンバーでの演奏会のため、
まずは同日での開催の目処がたったことを嬉しく思います。

その本番直前の大切な練習が震災直後の3/13に行われました。

震災以降学生会館に入れず、
多くの楽器が取り出せないというトラブルもありましたが、
卒団生を中心とした知恵と勇気で練習にこぎつけました。

ベースでは、部外者にも関わらず快く楽器を貸していただいた方もあり、
何とか人数分の楽器を確保することができました。

本当に感謝にたえません。


ですが…、震災直後の精神的疲労があったのか、
震災後初めて仲間に再会した喜びからか、
練習にこぎつけた安堵からか、
内容としてはいまいちでした。

まあ細かいことはいろいろありますが、
一番はオケとしての一体感がないこと。

良く言えば、金管後列、Hr.、打楽器、木管、弦と、
各セクションとしてはまとまっているとも言えますが、
なんか各セクションが指揮者からの指示を受けて
楽しく(好き勝手に!?)吹いたり弾いたりしてるだけで、
オケの音楽としてまとまってない。

私的には弾いてて全然楽しくない。

まあもちろんスコアを理解してなければお話になりませんが、
ここは吹奏楽でも弦楽アンサンブルでもない
オーケストラな訳ですから、
セクションを越えた音楽的会話をしましょうよ。

ザッツを出すべき人がしっかりザッツを出す、
メロディを引き継ぐ相手にしっかりバトンを渡す、
同じ音を出してる人達で音程やアーティキュレーションを合わせる等々、
一人一人のちょっとした思いやりで音楽として大きく変化すると思います。

チャイコだから大きな音を出せばいい、
チャイ4の1楽章は難しいから通れば御の字…
なんて思ってないと思いますが、
そうした一人一人の少しずつの思いやりが増えれば、
より重厚な、華やかな、まろやかな、寂しげなチャイ4になると思うんですよね。

まあこんなご時世ですし、
さらにステリハも無くなるなど度重なるトラブルを乗り越えて本番にこぎつける訳ですから、
ある意味、非常にいい精神状態で演奏会に臨めると思います。

私も何か特別な期待感を抱いていることは確かです。

でも、ある種の高揚感だけでは、いい音楽はできません。

せっかくここまでいい土壌ができている訳ですから、
ほんの少し高揚感を抑えて冷静さを取り戻し、
32期生らしく、音楽的にも輝いた、有終の美を飾ってほしいと
心から願っています。

魂は熱く、かつハイクオリティな音楽を創れるよう、
一緒に頑張りましょう!





しかし、ここまで音楽を追求できるようになった「卒演」自体に、
早稲フィルの成長を感じると共に、
驚きと喜びを感じています。

昔の卒演といえば、
一般のお客さまはほとんど来ない、
音楽云々よりも勢いと自己満足で成り立っていたような、
お祭りにほぼ近い所謂内輪の演奏会であり、
演奏会の前半は室内楽がいくつか演奏されたり、
私の卒演のラフ2ではラフマニノフさんには内緒でVc.パートを弾いたりしてました。(笑)

そんな「お祭り卒演」も好きでしたが、
昨今のようなちゃんとした演奏会形式の卒演も好きですよ。

たいへん長くなりましたが、この辺で。


「滝西をサントリーに!」
[PR]
by conbass | 2011-03-16 18:30 | 早稲フィル